本文へスキップ

         


TNO,
オランダ応用科学研究機構(the Netherlands Organization for Applied Scientific Research) は産業技術・自然科学分野における応用科学研究を行うことを目的に1932年オランダ議会により設立された欧州では最大級の中立の総合研究機関です。政府系機関や企業等に対し技術シーズの実用化事業、オープンイノベーションの促進、共同研究、技術協力、受託研究、受託試験、受託分析、プロジェクトマネージメント、知財ライセンシング、規制科学に於けるコンサルティング等のサービスを提供しています。当Websiteは事業組織のひとつ Healthy Living、ならびにTNOの子会社 Triskelion bv社 の事業活動について紹介しています。


Featured Technologiestopics

マイクロドーズ臨床試験



TNOは生物医学研究を目的としたAMS(加速器質量分析装置)を装備するヨーロッパで唯一の研究機関です。様々なマイクロトレーサーを用いた臨床研究、技術創出の機会を提供していますREAD MORE



 胃腸管シミュレーションシステム " TIM"

  
TIM は動的な in vitroシステムで、消化された薬物や栄養素の動態をヒトの胃腸管に極めて類似した環境下で検討することができます。温度、pH、各消化酵素の分泌、蠕動運動による輸送、食品や化合物の吸収等、実際の生体内で起こるパラメータを連続的にモニターします。 READ MORE



 3D printing による経口製剤研究・開発

  
個別化医療分野でその可能性が期待される3D printingで製造する薬剤。未充足医療ニーズを含めTNOは多種多様な経口製剤、3D Printerの共同開発の機会を提供しています。 READ MORE



新着情報news

2017年1月20日
胃腸管シミュレーションシステムTIMの第6回User Group Meetingを5月11日、12日 Amsterdam, The College Hotelにて開催します。Non-User の方もご参加いただけるプログラムがございます。詳しくは直接メール、電話にてお問い合わせください。
2016月12月8日
AASLD Liver meeting in Boston (11-15, Nov, 2016)にてNASH・Fibrosis 研究に関する下記2題のポスターを発表しました。
Intervention with the CCR2 Inhibitor Propagermanuim attenuates insulin resistance, adipose tissue inflammation and NASH development
Systems Biology approach to identify processes and early markers for fibrosis in high fat diet-induced NASH in mice.
2016年8月8日

Release and Availability for Absorption of Prednisone Delayed-Release Formulations During Transit Through TNO Dynamic Gastrointestinal Models (TIM Systems) Poster at CRS.

2016年5月9日
開発医薬品の心血管系の安全性評価; 抗腫瘍薬等の心血管系における潜在副作用リスク評価について
2016年4月30日
ヒトマスバランス試験の新たな選択肢:UPLC, Q-Exactive, AMSを連動させた親化合物と代謝物の同期プロファイリング。関連文献:The Impact of early human data on clinical development, there is time to win.
2016年3月21日
TNO Triskelion BV社名変更について:TNO Triskelion BV社(代表: Jack van Hoof)は2016 年3 月21日付で 社名をTriskelion BV社へ変更いたしましたのでお知らせいたします
2016年2月15日

New Consortium on the development of NASH Organ Function-on-a-chip model. TNO(オランダ)、InvitroCue Pte社(シンガポール)、タカラバイオヨーロッパAB社(スウェーデン)が、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)モデルの共同開発協定に署名。オランダ政府よりファンドが出資された「TNO's Early Research Program ‘Organ On-a-Chip」の一部として当プロジェクトは運営されます。

2016年2月11日
Keystone Symposium “Fibrosis: From Basic Mechanisms to Targeted Therapies 2016年2月7-11日 Colorado, Keystoneシンポジウムにて線維症、NASHバイオマーカーについてのポスター下記5題を発表しました。

Systems biology approach to identify processes and early markers for fibrosis in metabolic-induced NASH in mice.
Collagen quantification in cell cultures and tissues.
Multiple administration of bleomycin induces more chronic lung fibrosis.
Obeticholic aced attenuates fibrosis development in a high fat diet induced NASH model (LDLr-/-.Leiden mice).
Identification of a molecular functional signature representing the active fibrosis process.

2015年10月25日

TIM-AGC system 先進胃消化シミュレーションモデル
Poster: Realistic simulation of human gastric motility, pressure forces, digestive enzymes and liquid/solid emptying in the advanced gastric compartment of the in vitro dynamic gastrointestinal model TIM

2015年10月12日

創薬ターゲットのホリスティック安全性アセスメント
Poster: Holistic approach to the safety assessment of exploratory drug targets, Eurotox 2015.

2015年3月23日
マイクロドーズ試験の意思決定を導く薬物動態の用量比例性に関する予測ツール  A prediction tool for the dose-proportionality of pharmacokinetics to guide decision making on microdosing studies
2015年3月16日
微生物学(腸内細菌叢研究)、システムズバイオロジーにおける取組み

お問合わせ:TNO Pharma
Triskelion BV 日本事務所

〒107-0052
東京都港区赤坂 4-1-1
SHIMA赤坂ビル8F
TEL +81-(0)3-6234-4195
FAX +81-(0)3-6234-4150
E-mail: info@tno-pharma.com


CROサービス






Feature Topics