本文へスキップ

        
胃腸管シミュレーションシステム TNO Intestinal Model "TIM"

TIMは、コンピューター制御による多用途の動的な in vitroシステムで、消化された薬物や栄養素の動態を、ヒトの胃、小腸、および大腸の状態にきわめて類似した環境下で検討することができます。温度、pH、唾液、各酵素の分泌胃および腸での混合、蠕動運動による輸送、HKW, 水および放出・消化された化合物のような微小分子の吸収など、実際の生体内で起こるさまざまなパラメーターを連続的にモニター・制御します。大腸モデル TIM-IIには高密度の複合的な嫌気性細菌叢が含まれています。

アプリケーション: 医薬品・製剤分野
 活性化合物の生物学的送達度 (Bioaccessibility) の検討
 コントロールリリースシステム (IR/SR) の最適化スクリーニング
 薬物と食品、栄養素との相互作用検討
 APIの安定性、腸内細菌叢によるAPIの生物学的変換、代謝物検討
 臨床試験における予想外な結果のトラブルシューティング
  透過性・溶解性の低いAPI (BCSクラス 2,3,4)の評価と改良
新生児、乳児、幼児、成人、老人、疾患等の異なる生理学的条件での検討・比較

アプリケーション: 食品・機能性食品分野
アミノ酸、ペプチド、ミネラル、ビタミン等の消化・吸収.
外因性、および内因性タンパクとの相互作用.
機能性食品のPOC、グリセミック応答における抑制率測定
可溶性食物繊維のヘルスベネフィット
プロバイオティクスサバイバル、腸内フローラ生態研究
製品の安全性評価
新生児、乳児、幼児、成人、老人、疾患等の異なる生理学的条件での検討・比較

 TIM システム 発表論文リスト
 English brochure 
   


TIM 新着情報news

● 胃腸管シミュレーションシステムTIMの第6回TIM User Meetingを5月11日,12日Amsterdam, The College Hotelにて開催しました。欧州、北米、南アフリカ、日本を含む各国のアカデミア、産業界から講演者を含む50名のゲストをお招きし、医薬品と食品分野における最新の研究成果発表やマイクロバイオロジー研究におけるパネルディスカッション、次世代TIMシステムの発表等も行われ有意義な2日間のイベントとなりました

 2017年4月リリースされた New Tiny-TIM system

特徴
Tiny-TIM system: 胃,および小腸コンパートメントの2ユニットで構成されるモデル
胃のコンパートメントへ先進の Advanced Gastric Compartment 技術を採用
全自動サンプリングシステム
パネルタッチスクリーンによる操作

Poster :

Realistic simulation of human gastric motility, pressure forces, digestive enzymes and liquid/solid emptying in the advanced gastric compartment of the in vitro dynamic gastrointestinal model TIM

Combination of in vitro physiologically relevantintestinal models to predict fraction absorbed in humans

Dynamic gastrointestinal in vitro model: difference in food effect between two polymorph API forms

Dynamic gastrointestinal in vitro model simulatingneonate, infant and toddler conditions to studythe bioaccessibility of oral pediatric drugs.

Pressure forces in the TIM-agc, an Advanced Gastric Compartment that simulates shape and motility of the stomach


Publication:

Evaluation of two dynamic in vitro models simulating fasted and fed state conditions in the upper gastrointestinal tract (TIM-1 and tiny-TIM) for investigating the bioaccessibility of pharmaceutical compounds from oral dosage forms. OrBiTo project.

In vitro - in vivo correlation (IVIVC) for paracetamol and caffeine in TIMpediatric simulating GI conditions of (pre-term) neonates, infants and toddlers


The effect of food and co-medication on amoxicillin bioaccessibility as studied in the in vitro GI model TIMpediatric

JOURNAL OF PHARMACEUTICAL SCIENCES, 13 August 2014
Application and Validation of an Advanced Gastrointestinal In Vitro Model for the Evaluation of Drug Product Performance in Pharmaceutical Development

Richard Barker, Martin Kruusm¨agi, Pharmaceutical Development, AstraZeneca R&D, Macclesfield, UK
Bertil Abrahamsson, Pharmaceutical Development, AstraZeneca R&D, M¨olndal, Sweden

International Journal of Pharmaceutics, 29 July 2013
In vitro gastrointestinal model (TIM) with predictive power, even for infants and children?
TNO, The Netherlands, Erasmus MC - Sophia Children's Hospital, Dept. of Clinical Pharmacy and Dept. of Pediatric Surgery and Intensive Care.  Journal home page: www.elsevier.com/locate/ijpharm

The AAPS Journal, Vol. 14, No. 2, June 2012

An Investigation into the Utility of a Multi-compartmental, Dynamic,System of the Upper Gastrointestinal Tract to Support Formulation Development and Establish Bioequivalence of Poorly Soluble Drugs
Paul A. Dickinson, et al, Clinical Science, AstraZeneca R&D, Alderley Park, Macclesfield, UKSK10 4TG.
Pharmaceutical Development, AstraZeneca R&D, Alderley Park, Macclesfield, UK.


お問合わせ:TNO Pharma
Triskelion BV 日本事務所

〒107-0052
東京都港区赤坂 4-1-1
SHIMA赤坂ビル8F
TEL +81-(0)3-6234-4195
FAX +81-(0)3-6234-4150
お問い合わせフォーム


CROサービス






Feature Topics