TNO Pharma Home Page

お問い合わせ
ENGLISH

in vivo MASH (NASH) model, Liver on a Chip, MASH Biomarkers
Translational Research service through Humanized Disease Models

概要: in vivo MASH (NASH) model

サンプルイメージ

代謝異常関連脂肪性肝疾患 MASH:Metabolic Dysfunction Associated Steatohepatitis は、肥満、インスリン抵抗性、脂質異常症と密接に関連している最も蔓延している慢性肝疾患のひとつです。 トランスレーショナルリサーチを目的とした代謝性疾患モデルにおける25年の研究に基づき、TNOはヒトのMASLD・MASH、肝線維症の病因、および病理を正確に模する LDLr-/-.Leiden MASH mouse model を開発しました。 当マウスモデルは、人の食事と同様な主要栄養素組成の高脂肪食を使用することにより、 肥満、インスリン抵抗性、脂肪組織の炎症、細菌叢変化による腸における透過性の増加、および線維症を伴う(F3 stageに至る)MASHを発症します。 化学的処置をせずダイエットのみで発症させる極めてトランスレーショナルなMASHモデルです。(肪性肝を誘導する意図的コレステロールは無添加) FDA承認医薬品 Rezdiffra (Resmetirom) や Semaglutide (GLP-1)を含む複数の治療法・薬剤による広範なバリデーション実績を有しています。

特徴: Ldlr-/-.Leiden MASH mouse model

サンプルイメージ

  ヒトMASHを忠実に再現した疾患誘導と臨床表現型
  重度の肥満(脂肪組織炎症を伴う)
  インスリン抵抗性
  脂質異常症(ヒト様リポ蛋白プロファイル)
  高トリグリセリド血症、高(V)LDL値、 低HDL値
  ヒトMASHに極めて類似した病理組織所見
  脂肪変性、炎症性凝集体形成、ブリッジング線維症 (最大F3まで)
  動脈硬化症の発症
  トランスレーショナルな基礎経路
  トランスクリプトミクス、プロテオミクス、 メタボロミクスで検証済み
  複数の治療法・薬剤による広範なバリデーション(FDA承認医薬品を含む)
  代謝過負荷誘発による多臓器合併症

Time lines・Readout Paramters ; Ldlr-/-.Leiden MASH mouse model

サンプルイメージ

バリデーション・論文情報  Ldlr-/-.Leiden MASH mouse model (more data available on request)

Intervention Target Publication
Caspase-1 inhibitor Caspase 1 Morrison, Int J Obes 2016
Cenicriviroc CCR2 & CCR5 In preparation
Antioxidants
(olive oil polyphenols)
Oxidative stress Luque-Sierra et al., Mol Nutr Food Res, 2018
Alvarez-Amor et al., Nature Sci Rep. 2021
Rosi-, Pioglitazone PPAR-γ Mulder et al., Nat Sci Rep 2016 & in-house
Lanifibranor PPARs In preparation
EPA, DHA from krill oil PPARs, oxylipins, resolvins Gart et al., Nutrients 2021
Obeticholic acid FXR Salic et al., PLoS One 2019
Volixibat IBAT Mulder et al., Nat Sci Rep 2016 & in-house
Butyric acid i.a. TGF-β fibrosis sign. Arnoldussen et al., Int J Obes 2017
Gart et al., Biomedicines 2021
Propionic acid TCA cycle Gart et al., FASEB J 2020
Semaglutide GLP-1 Inia et al., Int J of Mol Sci 2023
DGAT2 inhibitor DAGT2 In preparation
L-carnitine and nicotinamide riboside β-oxidation, mitochondria Salic and Gart et al., Int J Mol Sc 2019
Casein hydrolysate i.a. lipid modulators Schoemaker et al., PLoS One 2017
Branched chain amino acids Mitochondria, TCA cycle Gart et al., FASEB J. 2022
van den Hoek et al., Metabolism 2021
Milk-fat globule membrane Metabolism Arnoldussen et al., Int J Obes 2021
Natural cholesterol lowering compounds Neutrophils Morrison et al., Front Endocrinol 2021
Resmetirom THR-β In preperation
Translation to Human Translational Value Head to head with 1099 patients


最新の論文情報ダウンロード(pdf)

● News; 2024年6月5日~8日イタリア、ミラノで開催される EASL congress にてMASH(NASH)研究に関連する下記4題のポスターを発表します。

  ● Resmetirom protects against diet-induced MASLD and reduces atherogenic risk factors in obese Ldlr-/-.Leiden mice.
     Abstract number 2987, Presenter: Eveline Gart, Date: Thursday 06/06/2024

  ● Metabolic flux analysis using a 14C microtracer approach combined with accelerator mass spectrometry analysis
    - a proof of concept study on de novo lipogenesis.

     Abstract number LB213, Presenter: Martine Morrison, Date: Wednesday 05/06/2024 to Saturday 08/06/2024

  ● Development of a novel non-invasive biomarker panel for hepatic fibrosis in MASLD.
    Abstract number 2887, Presenter: Eveline Gart, Date: Wednesday 05/06/2024

  ● Treatment with the CCR2/CCR5 antagonist Cenicriviroc does not affect MASH and fibrosis development in Ldlr-/-.Leiden mice,
    translational to clinical phase 3 trial results

    Abstract number 2595, Presenter: Martine Morrison, Date: Thursday 06/06/2024

Poster at AASLD 2022:  The bispecific anti FGFR1/KLB agonist antibody bFKB1 attenuates non alcoholic steatohepatitis and atherosclerosis in Ldlr -/-.Leiden mice.
Poster-1 at AASLD 2023:  Temporal dynamics of metabolic dysfunctions in liver, adipose tissue and the gut during diet-induced NASH development in Ldlr-/-.Leiden mice.
Poster-2 at AASLD 2023:  Clinical translatability of Ldlr-/-.Leiden mouse model for NASH

Liver-on-a-Chip ・ Cell model for liver fibrosis

サンプルイメージ 脂肪性肝炎、肝線維化を呈する Liver-on-a-Chip を開発しました。 オレイン酸とパルミチン酸を添加し、その後フルクトースを添加することにより、脂肪症と脂肪性肝炎が誘発されます。 更にLPSを添加すると線維化が誘導されます。 当3D 肝臓スフェロイド モデルは、ヒト肝細胞、星細胞、およびクッパー細胞を使用します。 当モデルは、ピオグリタゾンやフェノフィブラート等の参照化合物に感度よく反応します。

特徴・取り組み
  病態生理学的にSteatosis、早期線維化症に似た状態を再現するダイエット誘発性MASLD・MASH 3D in vitroモデル
  初代ヒト細胞(Hepatocyte, Hepatic Stellate cell, Kupffer cells)から形成される肝スフェロイドは少なくとも21日間細胞機能の維持が可能

  技術資料ダウンロード:
●   Development of a disease-mimicking model for NASH and fibrosis in a triple cell-type, spheroid-based liver-on-chip platform with microfluidics.(Poster)

Biomarkers for MASLD・MASH

世界中でMAFLD関連の肝線維症の発症率が急速に上昇しています。線維症は死亡率の主要な決定因子であるため、重要な臨床的指標となります。生検による線維症の検出が依然としてゴールデンスタンダードですが、侵襲的な処置であり、合併症、サンプリングエラー、リーディングエラーのリスクを伴います。 線維症は進行性のプロセスであり、現時点では、特に線維症の早期発症と進行を検出できるバイオマーカーなど、バリデートされた診断/予後法は存在しません。 TNOではMASLD関連線維症の進行を予測し、線維化活性リスクが高い人を早期に特定するための、メカニズムに基づいたバイオマーカーパネル開発に取り組んできており、既にいくつかのバイオマーカーセットを特定しています。

Hepatic molecular signature in a translational NASH model as an early screening tool for novel NASH therapeutics.(Poster)

(New) Early prediction of progressive fibrogenesis in NAFLD-NASH patients using blood-based biomarkers.(Poster)

Optimized assays in Plasma, Serum, Breast milk, Fecal water, Saliva, etc validated in healthy subject or in patient groups.

サンプルイメージ


ページトップへ戻る