TNO Pharma Home Page

CONTACT
ENGLISH
Organ-on-a-Chip, Ex vivo model

TOWARDS A PERSONALISED IN VITRO TEST SYSTEM
CONTRACT SERVICE, TECHNOLOGIES OPEN FOR PARTNERING

Ex vivo model "InTESTine"

サンプルイメージ

"InTESTine"は薬剤や栄養素等の吸収・透過性・代謝・トランスポーター・炎症反応・初期の腸免疫応答等を研究する目的で開発された腸管セグメントの体外培養系です。 ユニークな点として、薬剤や栄養素の吸収の部位差を検証するために管理された条件下で複数の腸部位(十二指腸、空腸、回腸、および結腸)を並行して培養することが可能です。 粘液層の厚さ、絨毛の長さ、タイトジャンクションの孔径、トランスポーター、受容体、代謝酵素等の発現レベル等の腸管の性質・機能は十二指腸~結腸間で変化するのでこれらの点を検証できることは極めて有用です。 さらに粘液層が存在するため、微生物叢が存在する状態、または存在しない状態で、消化過程に暴露された後の腸管内で起きている事象・過程を検証することも可能です。

用途
医薬品・栄養素・タンパク質・ペプチド等の腸管での吸収検討
      >トランスポーター, 代謝物, 医薬品-食品間の相互作用, 賦形剤のAPIへの影響等の検証
粘液層との相互作用検証、Adhesion / Secretion
腸管部位ごとの吸収・透過性比較
医薬品や栄養素の消化管ホルモン分泌に与える影響の検証
      > Satiety hormones (GLP-1, PYY), Serotonin, VIP
Host-microbe interactions exposure to pathogens
    Read-out: Local Immunoresponse (Cytokine, Prostaglandins, etc)
    Transcriptomics, Proteomics, Bacterial translation (Pre,Pro-biotics,etc)

  技術資料ダウンロード:
  InTESTine (Brochure EN)
  Human ex vivo model to study Intestinal Processes and Microbiome induced Metabolism (Poster at ISSX 2018)

Intestine-on-a-Chip   (OPEN FOR PARTNERING)

サンプルイメージ

医薬品や栄養素の吸収、代謝、自然免疫系や微生物環境への影響を検証することを可能とするIntestine-on-a-Chipの開発に取り組んでいます。
最終的目標は、個人間の変動を反映する様々な個人由来の腸組織やORGANOID、および腸内細菌叢を使用し、様々な疾患を標的にした個別化医療(Precision Medicine)を支援する Population-on-a-Chip を開発することにあります。

特徴・取り組み
  ヒト腸組織の適用が可能。組織のViabilityとFunctionalityを26時間維持。
  薬物や栄養素の自然免疫系への影響を検証できる可能性。
  現在Intestine-on-Chipを腸内細菌叢成分と組み合わせ、薬物吸収と免疫応答における宿主-微生物相互作用の影響を検証中。

  技術資料ダウンロード:
   Flow influences functioning of fresh human intestinal tissue in the inTESTine Chip (Poster at ISSX-2019)

Liver-on-a-Chip   (OPEN FOR PARTNERING)

サンプルイメージ

Hepatic Steatosisを特徴とする非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、肝線維化を呈する Liver-on-a-Chip の開発に取り組んでいます。 ヒトプライマリーセル (Hepatocyte, Hepatic Stellate cell, Kupffer cells)、 遊離脂肪酸(FFA)、 TGF-βを用いた3D肝臓スフェロイドモデルで、 Steatosisの誘導、参照薬(Pioglitazone、Fenofibrate) によるSteatosis、および線維化促進性細胞活性化への抑制作用についてのデータが得られています。

特徴・取り組み
  病態生理学的にSteatosis、早期線維化症に似た状態を再現するダイエット誘発性NAFLD/NASH 3D in vitroモデル
  初代ヒト細胞(Hepatocyte, Hepatic Stellate cell, Kupffer cells)から形成される肝スフェロイドは少なくとも21日間細胞機能の維持が可能
  Intestine-on-Chipと組み合わせたADME modelの開発

  技術資料ダウンロード:
   Development of a diet-induced diseasemimicking in vitro model of non-alcoholic steatohepatitis / fibrosis.(Poster at EURO OoC 2019)

Ex vivo whole liver normothermic machine perfusion model: (OPEN FOR PARTNERING)

サンプルイメージ Prediction First Pass Liver Effects Biliary Excretion and DDI

  健康なブタの肝臓全体を常温機械潅流し下記項目の測定を実施します。
      (受託研究対象モデル)
      > Hepatic Clearance
      > Hepatic Metabolism
      > Biliary Excreation
      > Plasma Exposure upon DDI
  > Dosing to portal vein and/or hepatic artery

  生体肝移植を受ける患者さんから摘出した肝臓を常温機械潅流し
    以下の測定、解析をする取組みを進めています。
      (共同研究対象モデル)
      > Hepatic Clearance
      > Hepatic Metabolism
      > Biliary Excreation
      > Plasma Exposure upon DDI
  > Dosing to portal vein and/or hepatic artery
  > NASH: Biomarker detection / Target Binding

  技術資料ダウンロード:
  Ex vivo whole liver perfusion model for prediction of drug drug interactions and biliary excretion of Rosuvastatin (Poster)
  Pharmacokinetics Application of Normothermic Perfused Ex Vivo Porcine Livers (Poster at ISSX-2019)


ページトップへ戻る