TNO Pharma Home Page

お問合わせ
ENGLISH
Ex vivo model, InTESIne, Liver

十二指腸~大腸までの消化管組織、ならびに肝臓器全体を体外培養する評価系
Ex vivo Intestinal tissue model, Ex vivo liver perfusion model offer unique opporunities to evaluate your products

InTESTine; ブタ・ヒト腸組織体外培養モデル

サンプルイメージ

"InTESTine"は薬剤や栄養素等の吸収・透過性・代謝・トランスポーター・炎症反応・初期の腸免疫応答等を研究する目的で開発された腸管セグメントの体外培養系です。 ユニークな点として、薬剤や栄養素の吸収の部位差を検証するために管理された条件下で複数の腸部位(十二指腸、空腸、回腸、および結腸)を並行して培養することが可能です。 粘液層の厚さ、絨毛の長さ、タイトジャンクションの孔径、トランスポーター、受容体、代謝酵素等の発現レベル等の腸管の性質・機能は十二指腸~結腸間で変化するのでこれらの点を検証できることは極めて有用です。 さらに粘液層が存在するため、微生物叢が存在する状態、または存在しない状態で、消化過程に暴露された後の腸管内で起きている事象・過程を検証することも可能です。

用途
医薬品・栄養素・タンパク質・ペプチド等の腸管での吸収検討
      >トランスポーター, 代謝物, 医薬品-食品間の相互作用, 賦形剤のAPIへの影響
粘液層との相互作用検証、Adhesion / Secretion
腸管部位ごとの吸収・透過性比較
医薬品や栄養素の消化管ホルモン分泌作用検討
      > Satiety hormones (GLP-1, PYY), Serotonin, VIP
Host-microbe interactions exposure to pathogens
    Read-out: Local Immunoresponse (Cytokine, Prostaglandins, etc)
    Transcriptomics, Proteomics, Bacterial translation (Pre,Pro-biotics,etc)

Ex vivo whole liver normothermic machine perfusion model: 摘出した肝臓の常温潅流モデル

サンプルイメージ

Prediction First Pass Liver Effects Biliary Excretion and DDI

  健康なブタの肝臓全体を常温機械潅流し下記項目の測定を実施します。
      (受託研究対象モデル)
      > Hepatic Clearance
      > Hepatic Metabolism
      > Biliary Excreation
      > Plasma Exposure upon DDI
  > Dosing to portal vein and/or hepatic artery

  生体肝移植を受ける患者さんから摘出した肝臓を常温機械潅流し
    以下の測定、解析をする取組みを進めています。
      (共同研究対象モデル)
      > Hepatic Clearance
      > Hepatic Metabolism
      > Biliary Excreation
      > Plasma Exposure upon DDI
  > Dosing to portal vein and/or hepatic artery
  > NASH: Biomarker detection / Target Binding


ページトップへ戻る